比較サイト Direct mine 愛知大会レポート2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知大会レポート2

AM7:00
起床。朝なので少し寒い。朝食べてJさんはロッドさんを迎えに行く。しかし、何かあったのかロッドさんが遅れるみたく一旦Jさんが戻る。最終調整を終え、いざ会場へ。

AM10:00
人が集まるまで暇をつぶす。モンハンって凄いブームです。100万本ヒットしていることだけあります。PSPは決して売れていない訳では無いみたいです。人がある程度集まったらモスへ直行。きしめん茶屋だったみたいですがやはりモスに。地域限定味噌カツライスバーガーが美味し。その後、暇をつぶす。

PM1:30
大会が始まる。プロジェクターとPCを用いて大会の成績を記録。高性能です。試合も録画出来る装置で試合を録画。
最初はLRの1対1。ECM禁止以外は何でもあり。時間上の都合でステージランダムの3分対決で一発勝負。使う機体は、何機でも構わないというルールでしたがこちらは変えて悔いは残したくないので1機のみ。

070319_111641.jpg


これで臨むことに。エンブレムも気合十分。

ここからメモに記録したことを書きます。
1戦目 SEVENさん ステージ:HOLEAQUA
相手機体構成:AP約8000の中2。SHADE、WYRM、ミサ、連動ミサ
ランダムで最初に出たのは地上の半分ぐらいが水のHOLEAQUA。水があるので個人的にあまり出て欲しく無いステージ。相手機体は中距離で削れるものが多く短い時間でAPリードをキープさせるには良い機体です。
開始序盤は連動を浴びたり2連砂が刺さりAP差が広がりつつあるので、ここでミサイルに恐れず一気に前に出る。連動を多少掠った感じでしたがロック4で反撃。ENがカツカツかチャージングの所為か着地硬直が多くなってきたみたいなので上空から直接当てる直当てやブーストダッシュで近付いて直接ぶつける直当てもあり、1分少々で撃破勝ち。残りAP6031。HOLEAQUAにも関わらず地雷命中率14%を記録。直接当てないといくらやっても0%なので脳内FCSは好調でした。

※太字強調はタイトルだけに強調しています

2戦目
 Slisさん ステージ:スペポ
相手機体構成:S3リボ×2格納ロック4ポリ連動ビット30
閉所で、S3相手。閉所は有難いですがエリアが限られているので迎撃もしやすくリボリボとサイトも大きくロック4も格納で持ち手強いです。幸い守れる場所があるのでEN回復が出来るのは救い。
開始でコンテナやハンミサを撒き多少削るも、ビット連動で差はそこまで減らず。中途半端な距離だとリボで思い切り受け、撃ち合いに負けると思い強引に再び前に出る。旋回を用いて少しずつ削る。相手機体は途中スペポの穴に入り撃ち合いに試みた感じでしたが、こちらには地雷があるので高射砲当て狙いで撒きつつ、足場を意識させ上から攻め中々の効果を発揮。撃ち合いに持ち込まれ危ない所もありましたが時間切れ。2966-1266で何とか勝利。前に少し触れた程度なのでSlisさんが本調子だったらどうなったことか。

3戦目 sinkさん ステージ:サイバー
相手機体構成:LF71四脚リボ×2格納ポリ×2大グレ
対戦ステージで使われるステージで引きが優位な場所。71脚はEN防御に優れるので単純では序盤は苦しい感じ。この短い時間で大グレが当たってしまえば逆転は難しくなります。
開始コンテナやハンミサを飛ばすも1発程度しか当たらず。マズくならないようにハンミサを数発でパージ。△逆ピラミッドで大グレが当たらない場所にいつつ、できるだけ前に近づく。大グレを何とか避けたら攻めるもリボリボで迎撃するのでAP差が縮まらず1分過ぎる。AP差は500も無いですが大グレ1発当てられ攻められなければ、かなり厳しくなります。ここで上空から地雷を若干広範囲に撒く。すると1度当たり、被弾硬直している間に一気に攻め2個目も当たり攻める。地雷のダメージソースは多くないものの硬直後の追撃に成功。時間も残り少なくなりロック4を持っても仕方無いと思いリボリボに切り替える。LF71は実防が低いので途中シングルになりましたが撃ち合いに負けることなくsinkさんに奇跡的に勝利。6238-5406

4戦目 ヨウさん ステージ:ボーン
相手機体構成:AP約8000のカルサワリボ小ミサ連動
スイスドローなので全勝対決。ステージは高低差があり他ステージよりミスが頻発しやすいステージ。遮蔽物も多いので地雷の誤爆も考えられます。相手機体は速い感じのカルサワリボと削りやすい構成。距離を離すと何時の間にか差が開きます。
ハンミサコンテナが上手く入りAP差を少し広げる。ここから少し守りながらの態勢で挑みます。近付いたら飛んで直当てと並ぶ十八番ホーミング地雷を発動。この時は上空から固めて地雷を投下後にこちらは相手の正面上に移動。相手後ろに地雷を投下したので相手は地雷を投下したのは見ていないと思い正面上にいると大概引くパターンなのでホーミングが成立します。実は、これが2度成立し熱量を活かしカルサワを思うように撃たせず1分半で撃破。残りAP7432。ROC4命中率50%、地雷命中率8%と自己評価でも満点と言いたいぐらいの戦術的な戦いが出来ました。

ここで4戦4勝で暫定トップ。
ルークさんが近寄り
ル:トップになりましたので何か一言を
私:初のトップで私は嬉しい限りです

と極めてありきたりでかつベタな台詞をしたのでガッカリしたようです。もう少し面白い台詞を考えておきたかったのが心残りです。

初優勝かと思ったら同率でなくても上位4名がリーグ戦だったのでリーグ戦を行うことに。
決勝リーグは私、他郎さん、ヨウさん、sinkさんの4名。
尚、ここからSΘS団のガネさんやロッドさんが観戦。
決勝1戦目 他郎さん ステージ:バーンアリーナ
相手機体:S2脚カルサワグリフォンROE2
ステージは個人的に好みなバーンアリーナ天井が低いのは難点ですが一気の攻めや戦術的に組み込めます。相手機体はどこが出てもいいような汎用中距離機体。簡単には崩せないようなバランス型。スピードの割にAPが高いです。
開始はハンミサはほとんど撃たずパージ。真っ向からやれば勝ち目は無いので何とか瞬間火力で当て続ける。しかしグリフォンが刺さるとAP差が縮まらない。逃げても向きの異なる壁でカルサワが刺さる。しかし何とか捕捉させないようにかなり近い距離に近付き被害を減らす。途中接戦で分からない状況でしたが、閉所を活かし進行方向に地雷を撒き機動力を削がせる戦術で動きを崩し少し差を広げる。このようなことがあり時間切れ勝ち。1500?-96で勝利。地雷が無かったら…
銀さんから他郎さんは強いという情報を1回以上聞いているのでまさにその通りでした。

決勝2戦目 ヨウさん ステージ:バーンアリーナ
相手機体構成:リニアグリフォンリンクス2?
フロムマジックが遂に発動あれだけのステージがあるのにも関わらず同じステージがでました。前回は、カルサワでしたが今度は扱いやすいリニアガン。ただ、バーンアリーナなので前に出るのみです。
再びヨウさんと。開始、ハンミサはほとんど使わずにパージ。的確に地面にロックオンし地雷を撒き退路を断ち一気に多少被弾しても一気に攻めます。そしてバーンアリーナのみが可能な2つや3つですが壁越し地雷が成功。チャージングをして全当てしようと思ったらリンクス2と思われる脚部なので着地硬直はせず当てるのは難しかった。それでも手堅くロック4で撃破。残りAP5000ぐらい。

決勝3戦目 sinkさん ステージ:Tスペース
相手機体:羽S3の36砂リボリボポリ
毎回、同率でカオスな争いになる大会でしたが今回は同率なく順位が決定するスッキリした展開みたいでこれが最後の試合。勝てば念願の優勝
です。
射程、命中に優れる36砂。威力の割に弾数以外に大きな欠点が無いのでロック4が届かない距離でも36砂が刺さることがあり、前に出る。しかし、羽の機動力で攻めながら捕捉が出来ず36砂よりもリボルバーが痛くAP差が広がる。そのままEが切れることも無く迎撃されて終了。何も障害物が無くフラットな地形だと地雷も活躍出来ず。最後は格納リボで迎撃されて終了。相手残りAP6291。ずっと攻めれば必ずEがカツカツになるのを信じましたが堅実なE管理によって予想がハズレです。この試合1分で終了。

結果:準優勝
これで初の認定証を手に入れることに。

レポート3へつづく…



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます。

ステージが休みにくい所なのでドンドン前に出たら結果的にうまくいきました。
中盤まで苦しく私は危うかったですよ。

大会お疲れ様でした&準優勝おめでとうございます。

ENカツカツだった私はまんまとチャージングに追い込まれたわけですねorz
ぼやきの場
プロフィール

ザック

Author:ザック
LINKS NAME:ザック
ACNAME:スウェイゾルム
PS3のオンラインIDはzakyuasu。

99年にPSゲームのチョコスタ復帰勢
最高値
先行:188
瞬発:188
加速:179
A3:172
ギル:137

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。