比較サイト Direct mine 海の日過ぎると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の日過ぎると

この祝日を過ぎる頃になると、子供達は夏休みなのでしょうね。外から元気の良い(良すぎる)声が聞こえています。
小学生の夏休みと言えばラジオ体操だと思うのですが、ちゃんと朝早く起きてやっていたでしょうか?

私の場合は低学年~中学年までは欠かさず行っていました。しかし高学年になると遅れた日があり時折休みが、といった高学年になると休んでしまう典型的なパターンでした。
今は本気で早起きしている子供達を見習いたいです。(今日も昼前起床だった;;)

夏休みといえば課題というものが誰も体験したと思いますがどんなものがあったでしょう。思い出してみましょう…。
例えば生活表。普通空欄もあると思うのですが、何故か私の場合、長々と小さい字でその日の出来事をだらだらと書かされたことがあります。これは夏休みの辛い思い出。

小学1年の時にあった朝顔の観察日記みたいなものも確かありました。これはすんなり終わったのですが、友人によっては、正直に枯れた→終了のようなものも。これは他にもいるに違いない。

あと自由研究。確か私は丸いガラス容器を型にして、親父の力を借りて紙粘土を利用した工作を作りました。作品はどんなものかというと、赤い狐(うどんじゃないよ)の顔のみ。狐なので目が鋭くて怖い上に、何分現実に存在しない強烈な赤色だったのか、夏休み終了後の「この作品が良いと思う人~」と先生が言って、誰も挙手しなかったのは悲しきこと限りなし。1年後、何かの犬の絵があったのでそれをなぞるように彫刻刀で型を作っただけの工作は犬がシンプルで可愛らしかったのか異常に好評だった。
ここ見ている方は、自由研究でどういうものを作ったのでしょう。工作の域を離れた全く別の研究もいるはず。

この当時、人気だった自由研究作品は箱の中に木で出来た壁を張り巡らせ、所々に丸い穴がある迷路。箱を持って玉をコントロールし、穴に落ちないようにゴールを目指すタイプ。暫く展示コーナーに各作品が置いてあるのでよくやっていた。

高学年の自由研究になると、いかにもホームセンターかどこかで購入したようなモノがある即席がちらほら。
総合的に夏休みは楽しいとよりは辛い方だったかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぼやきの場
プロフィール

ザック

Author:ザック
LINKS NAME:ザック
ACNAME:スウェイゾルム
PS3のオンラインIDはzakyuasu。

99年にPSゲームのチョコスタ復帰勢
最高値
先行:188
瞬発:188
加速:179
A3:172
ギル:137

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。