比較サイト Direct mine ISP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISP

ISP(インターネットサービスプロバイダ)。
接続業者のことですが、現在はADSL、光回線で企業や家庭にインターネットに接続できるようになりました。

そこで2006年のプロバイダランキング。(某雑誌調べ)
今のプロバイダに不満に思っている方、
乗り換えてみようと考えている方は是非参考にしてほしいです。

1位 ASAHIネット
ベーシックな接続環境重視で、プロバイダの規模では中堅どころ。
接続環境がしっかりしてればいいと考えているユーザー向け。
故に、コンテンツにはあまり力を入れていない。
サッカーで例えれば”イタリアのカテナチオ”みたいな感じ。

2位 eo
今これを見た瞬間に、イクシードオービットを連想した方はAC通。
関西地区に展開している業者で、
関西電力の100%子会社である強みを最大限発揮している。
電話やテレビをセットした”トリプルプレー”を低料金で打ち出しているのが特徴。

3位 hi-ho
2005年は9位だったが、3位に躍進。松下電器産業の100%子会社。
経営安定、信頼がある、といった声があり個性的である、といった回答は0。
堅実なプロバイダとして認知されている。

4位 DTI
親会社がパワードコムから東京電力へ。動きが激しいプロバイダ。
このようなところはサービス内容が変わる恐れもある。
ユーザーからは「譲渡先の新プロバイダでサービスが良くなかったので、使い続けている」と言った声も。サポートを評価する声も多い。

5位 ぷらら
規模が大きい印象があるプロバイダ。
テレビ向けに配信するサービスのプラットフォーム「4thMEDIA」を運用している。
大手プロバイダの宿命か初級者ユーザーが多く、「知りたい内容がどこにあるか分からない」など
コメントが寄せられている。

6位 nifty
老舗プロバイダ。個人的にヤフーと並ぶコンテンツを誇っている。
10年以上使い続けているユーザーに割引制度を導入してほしいという声がある。
セキュリティにも力を入れているので、安心感はある。
しかし、サービス面の管理が悪く以前使っていたニフティブログはメンテが異常に多かった。

7位 BIGLOBE
10年目を迎える老舗プロバイダ。初級者を多く抱えるが、
サポート面を評価する声が多いのが特徴。
初級者ならBIGLOBEがオススメかもしれない。

8位 OCN
ワレワレは光のO・C・N!というCMが昔流れていました。
NTTグループの核となるプロバイダ。
有名なプロバイダとなったOCNだが、OCNとは直接関係ない
NTTに対するあらゆる批判の声も集中した。混沌としている感あり。

9位 WAKWAK
○HK教育のわくわくさんとは全く関連は無い。
NTT東日本の100%子会社。経営安定、信頼ありといった堅実性に加え、
新幹線の無線LANサービスを行うなど積極性もある。
大規模では無いが技術力に定評がある。

10位SO-NET
親しみやすさではトップのプロバイダ。
サポート面は評価する声と不満の声が半々ほどでばらつきがある。
メールの遅延の多さを指摘する声がある。

11位Gyao光
BROAD-GATE01から変更。会員登録数1000万人を超えた
Gyaoの知名度を利用。集合住宅での加入者が多い。
新サービスには積極的に感じるが、
IP電話の回線品質とサポートでの応答に不満が多く寄せられている。

12位J COMNET
CATV会社なので、CATVによるテレビ、IP電話といった”トリプルプレー”を1社で提供。
1社で提供しているから簡便という声があるが、
速度にムラがある、速度の割に料金が高いといった不満の声もある。
CATVの場合は他の業者に変更できない、といった声もある。

13位DION
大手通信業者KDDIが運営しているので経営安定、実績がある、といった声がある。
しかし、2003年12月時点で個人情報が流出したので信頼性は疑い深い。
企業内のセキュリティが怠っているようでは、この先きのこれない予感がする。

14位YAHOO
かなりココと契約している方は多いと思われる。
価格を抑えたADSLサービスで一気にユーザーを獲得した。
サービスも豊富だがサポートの対応が悪い。ただし、安いので許せるといった意見がある。
携帯でソフトバンクを参入したためか、BBフォンからソフトバンクモバイルへの通信料を無料に、といったグループ戦略に期待する声がある。

15位ZAQ
関西に展開し、CATVインターネットのプロバイダ。
最大の特徴はセキュリティサービスで、メールのウイルス駆除、迷惑メール対策、フィルタリング、不正アクセス防止とセキュリティサービス全て無料がウリ。加えて、ネットの脅威について掲載。
順位は低いが、ウリは明確なプロバイダ。

16位ODN
ソフトバンクが日本テレコムを買収しため、ソフトバンクテレコムが運営。
ソフトバンクになってからサービスの質が落ちているといった声がある。
同じソフトバンクグループだから、
ヤフーBBと同じサービスを利用できるようにしてほしいというプロバイダ統合の声が早くも出てきた。

以上、ランキング終了。

分野別ランキング。
接続料金の満足度
1位 ASAHI
2位 WAKWAK
3位 Gyao光



14位OCN
15位ZAQ
16位J COMMET
FTTH(光)が台頭し、CATVインターネットは劣勢といった感じ。

サポート
1位DTI
2位BIGLOBE
3位hi-ho



14位YAHOO
15位ODN
16位Gyao光
初級者はこれが重要な要素だと思います。

回線の安定性
1位ASAHIネット
2位DTI
3位WAKWAK



14位Gyao光
15位ZAQ
16位YAHOO
そういえば友人がYAHOOでしたが、突然ネット繋がらなくなったと言っていました。

回線速度
1位ASAHI
2位eo
3位DTI



14位DION
15位ZAQ
16位YAHOO
当然光優位でYAHOOやZAQが下位なのはやむを得ないですが、
ADSLやCATVでもおおむね満足できると思います。
ADSLで遅い場合は、中継局から遠く離れている可能性があります。

提供機能全般
1位ASAHI
2位BIGLOBE
3位nifty



14位J COMMET
15位DION
16位ODN
ASAHI4冠。2,3位は大手プロバイダ。
低評価だったところは、どういった機能を会員が求めているかを把握することが大事。

コンテンツ
1位 BIGLOBE
2位 YAHOO
3位 Gyao光



14位DION
15位DTI
16位ODN
BIGLOBE、YAHOOは強い。Gyao光も侮れない。
下位は通信品質を重視する中堅プロバイダが多く、
コンテンツについては力を入れていない傾向がある。

セキュリティ
1位 ZAQ
2位 BIGLOBE
3位 nifty



14位DION
15位ODN
16位Gyao光
セキュリティサービスはどこのプロバイダも注力している分野。
ただ、中々ユーザに告知できていないところが多い。


~おまけ~
先月分のアクセスした方々のISP別。
1位OCN
2位YAHOO
3位DION
4位nifty
5位ぷらら

顧客に提供するISP以外では、
九州大学
長岡技術科学大学
北見工業大学
テレビ鳴門
東京工業大学
生協インターネット
大分大学

凄いところからアクセスする方がいるものですねぇ。
九州大学が7回というのは偶然では無い気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぼやきの場
プロフィール

ザック

Author:ザック
LINKS NAME:ザック
ACNAME:スウェイゾルム
PS3のオンラインIDはzakyuasu。

99年にPSゲームのチョコスタ復帰勢
最高値
先行:188
瞬発:188
加速:179
A3:172
ギル:137

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。