比較サイト Direct mine KOTYにノミネされた場合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOTYにノミネされた場合

※ あまり文才ありません。ご了承ください。

2012年、1月。新年早々、巨大兵器がKOTYの門の前に颯爽と現れた。

コアゲーマーから厚い支持を受け、フロムソフトウェアからの看板ソフト、
ARMORD CORE V (通称ACV)を引っ提げて参戦してきた。

本作のシリーズは10年以上に渡り発売されたものだが、過去にARMORED CORE NINE BREAKER (通称:ACNB)を
ノミネートさせた実績こそあるが、
日本の据え置きゲーム機では珍しいCBβテストや定期的に生放送配信で新情報を提供したりと、
本気さが伺え、シリーズ常連の購入者やKOTY民にとって、KOTYとは縁が無いものと思っていた。

しかし、いざ蓋を開けてみると、
このゲームのメインである、フロムソフトウェアの専用サーバーを利用した”領地戦システム”がまともに機能せず、
画面右下でロード中を意味する、円形を描く線状の表示が異常に長いものを『ぐるぐるオンライン』と呼び、
いざ領地戦画面になっても、全員が同じ場所に表示される『トーテムポール』という症状が多発し、
プレイヤーの声としては、
『試合開始が始まらないから、筋トレが捗る』
『スカイプしながらチームの皆で楽しく麻雀がやれて楽しいよ!』

と、別なことをやれるという意味で、絶賛の声が多い。

こういった不具合があれば、パッチを当てることにより、修正・改善されるソフトは多いが、
本作は、発売して3カ月が経とうとするが、未だに対戦中にフリーズしたり、極めつけは
PS3のトップ画面(XMB画面)に飛ばされるという不具合が未だに残っており、
領地戦はおろか、LANさえ繋げれば出来る、フリー対戦でも同じ症状が今も残っている。

高負荷によるフリーズで、ACVのソフト自体が対ゲーム機破壊用の決戦兵器を思わせる。

ゲームとしての品質も悪く、何度か調整はしているものの、威力が相手の防御を上回れれば、
大ダメージが見込めるため、ある種、ジャンケンに近いものになっていたり、
敵のAIもAC15年のノウハウとは何だったのかと言わんばかりの動きの悪さである。

シリーズ恒例のミッションでは、
臨機応変にミッション内容が変わる、長期型のストーリーミッションと
旧作同様の形式のミッションであるオーダーミッションを100近く用意すると謳ったが、実際は
4,5分で終えてしまう長期?ミッションが9種と、
オーダーミッションも数種類の敵を全滅させるものか、
前述で述べた劣悪なAI相手で、頭を使わないほぼ単純作業のものがほとんどを占めており、
やり応えのないものが非常に多い。

CβT、発売延期と本作の期待だけ上げたことにより、
ユーザーからの失望が増えただけの形となった。
『ゲームとして、CβTのほうが完成されていた』
という声もあり、過去KOTYにノミネートされたジャンラインの特徴を引き継ぐ形にもなったと言われている。

領地戦システム、チームの存在と日本の中では、画期的な始めたものの、
ユーザーの要望を取り入れすぎたこととネットワークの分野が追いついていない点で、
結果的に変態兵器として、リリースされてしまった一本となってしまった。


おわり



~余談~
PS3で15万以上売れて、ランクマでは6万人がプレイしていると聞くが、
私はあろうとことか600番辺りにいて、m上位1%の領域だが、アクティブなのは1万人もいないだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぼやきの場
プロフィール

ザック

Author:ザック
LINKS NAME:ザック
ACNAME:スウェイゾルム
PS3のオンラインIDはzakyuasu。

99年にPSゲームのチョコスタ復帰勢
最高値
先行:188
瞬発:188
加速:179
A3:172
ギル:137

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。